バレないカードローン利用

誰にもバレずにカードローンを利用したい

カードローンを契約する時に、誰にもバレずに利用したいという人は多いです。家族に知られたくない、人にお金を借りているのを知られたくない、お金に困っているのを知られたくない、などなど理由は様々です。

 

 

カードローンは元々、人にはバレにくいような仕組みになっています。カードを使って借入れや返済を行いますが、取引している所は、自分の口座のお金をやり取りしているのと見分けがつきません。申込みもネットから行う人が増えていますが、パソコンやスマホを使えば申込み手続きを人に見られる心配もいりません。

 

しかし、カードローンがバレるポイントもあり、いくつかの注意点があります。

 

在籍確認の電話

カードローン申込み時には在籍確認が行われます。申込み時には審査があり、今勤めている会社も聞かれます。審査時には、本当に申告した職場に在籍しているのかを確認します。これが在籍確認です。在籍確認の方法として、ほとんどのカードローン会社では電話を利用します。

 

カードローン会社のスタッフが会社に直接電話をかけ、電話に出られるかどうか聞いて確認を取ります。問題は電話に出られるかどうかではなく、会社に在籍しているかどうかなので、今は外出している、本日はお休みを頂いているという返答でも、在籍の確認は取れたと判断されます。

 

カードローン会社のスタッフがかけるからといって、スタッフは会社名を名乗ったりはしません。在籍確認の電話だとわからないよう、個人名で電話をかけてくるので、在籍確認の電話でバレる可能性はほとんどありません。

 

しかし、電話に出たのが勘のいい人だったら、バレない可能性はゼロではありません。

 

カードを見られる可能性

カードローンはカードを使って借入れや返済を行います。ATMにカードを入れる瞬間を見届ける人は通常いませんが、財布の中のカードを見られてしまってバレる可能性はあります。

 

カードローンのカードのデザインは会社によってそれぞれですが、銀行系のカードローンなら銀行名だけで、詳しくなければカードローンだとはわかりにくいでしょう。消費者金融の場合は認知度が高く、社名を見られただけでカードローンだとばれてしまいます。そのため、消費者金融のカードローンの場合、カードを見ても社名が分からないよう配慮がされています。

 

例えばアコムなら、アコムとは記載しないでACカードと記載されています。しかし、カードローンに詳しい人がカードを見たら、利用がバレる可能性があります。カードデザインでバレるのが不安と感じる方は銀行カードローンの利用が安心で、カードの券面からはローンカードとは分からないオリックス銀行のカードローンに注目をしておくと良いでしょう。

 

契約書を見られる

今はインターネットからでもカードローンの申込みができる時代です。しかし、カードローン契約後の契約書は、後日郵送で送られてきます。これも配慮はされていて、封書からカードローンだとわからないよう配慮はされています。しかし、家族が勝手に開封してしまえばバレてしまう可能性があります。

 

契約書は初回だけの郵送ですし、店頭や契約機で契約を結べば、その場でカードも契約書も受取れます。郵送物が心配であれば、敢えて店頭で手続きを行うという手段も取れます。

 

利用明細書を見られる

カードローン契約後に意外と見落としがちなのが利用明細書です。カードローン会社のATMを利用すると、その場で利用明細書が発行されるので、速やかに処分すればバレる可能性はほとんどありません。

 

しかし、カードローンの多くが、提携ATMでも利用が可能です。そして、提携ATMで借入れや返済を行った場合、後日利用明細書が自宅に届く場合があります。契約書と違ってふいに送られてくるケースが多いので、これがきっかけでばれてしまう可能性があります。

 

カードローンによっては、利用明細をWEB管理できるものもあります。バレるのが心配であれば、利用明細書はWEB上で管理できるか確認しておきましょう。

 

そもそもカードも利用明細も発行されず、Web上での利用で完結できるモビットであれば借り入れがバレる可能性は低くなります。利用のための条件は比較的厳しくなってしまいますが、内緒で借りたい方はモビットのWeb完結条件を確認して電話不要郵送物不要の契約を進めてみましょう。